自己処理

ムダ毛の自己処理方法とメリットとデメリット!自己処理にオススメのシェーバーもご紹介!

更新日:

まだ脱毛サロンに通われていないみなさんはムダ毛の処理は自己処理で行っていることと思います。

ムダ毛を自己処理することは手軽、安い、などメリットもありますが、肌が赤くなる、黒ずむ、毛穴が目立つなど、デメリットの方が大きいと言えます。

そこで自己処理の種類と方法、それぞれのメリットとデメリットをいくつか挙げてみます。

 

ムダ毛の自己処理方法の種類

ムダ毛の自己処理には、主に「剃る、抜く、薬剤を使用する、光を当てる」の4つの方法があります。ではそれぞれの自己処理方法、メリットとデメリットをあわせてご紹介します。

ムダ毛の自己処理の種類その1.―剃る(カミソリ)

「剃る」手法の代表例は、市販のカミソリを使う自己脱毛処理です。

カミソリのメリットは、手軽に出来ることです。T字のカミソリは手軽に手に入ることから使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。管理人も脱毛サロンに通う前はT字のカミソリを使用していました。

浴室にカミソリをおいておけば、入浴時に気になる箇所を剃刀で剃り洗い流すことが出来処理時間が短くて済みます。剃刀本体はどんなに高くても1,000円以内、替刃も約1,000円以内で購入でき、比較的安価で継続しやすい自己処理方法といえます。

一方カミソリのデメリットとしては、肌の表面を削ることによる肌へのダメージがあることです。毛穴にムダ毛が詰まりやすくなることから黒ずみの原因になっているのです。

また、剃ってもツルツルにならず黒いブツブツが目立ってしまう、毎日剃らないとすぐに生えてきてしまうといったデメリットもあります。

ムダ毛の自己処理の種類その2.―抜く(毛抜き)

次にご紹介する「抜く」手法の代表例の一つは毛抜きです。毛抜きも手軽に入手できるので使っている方も多いのではないでしょうか。

一見綺麗に脱毛できるように思える毛抜きも使い続けるのは危険です。毛抜きで毛を抜いてしまうと、出血したりかさぶたになったりすることはありませんか?かさぶたが皮膚を覆うと毛が皮膚に埋もれて外に出られなくなるいわゆる「埋没毛」という状態になってしまいます。

埋没した毛は皮膚の上からうっすら黒く見えて見た目にも綺麗ではありません。またその状態から毛を抜くのも困難です。

また、これから脱毛サロンに通ってみたいと思われている方は特に、今後毛抜きを使用するのは控えることをオススメします。脱毛サロンの光脱毛は毛の黒い部分に反応するため、毛がまったくない状態では光を当てても意味がないからです。どこの脱毛サロンでも毛抜きの使用は控えてくださいと無料カウンセリング時に言われます。

ムダ毛の自己処理種類その3.―抜く(ブラジリアンワックス)

「抜く」のもう一つの手法がワックスです。今回は特に最近話題のブラジリアンワックスについてご紹介します。

ブラジリアンワックスとは、本来アンダーヘアをワックス脱毛することを指します。はちみつベースのワックス使用し2~3週間持続する脱毛処理です。

また脱毛サロンでVラインの施術を希望されている方が、施術前にVラインのデザインを決める為に試される方もいるとのことです。Vラインの脱毛を検討されている方は多少の痛みは伴いますが肌に優しいともいわれていますので是非一度試されてみてはいかがでしょうか。

ムダ毛の自己処理種類その4.―薬剤(脱毛クリーム)

次にご紹介するのは「薬剤」です。薬剤の自己処理の代表例といえば、脱毛クリームです。
脱毛クリームは、脱毛後の毛先が丸くなることから肌触りが良いという特徴があります。他の自己処理脱毛と比べて肌に優しく肌が弱い方でも安心して使用することが出来るといわれています。

薬局で気軽に購入できるものから通販で購入できる商品と種類は様々あります。ニオイもバラの香りやパインの香り、保湿成分配合と商品改良がされているため一度試してみる価値はあります。

但し脱毛効果を実感できるのは、成分に毛を溶かすといわれているチオグリコール酸カルシウムが多く含まれているものが良いとという情報もあります。一方で毛だけではなく皮膚も溶かすともいわれていますので、利用する際はご自身の皮膚にあうかどうか小範囲で試してから使用することをおすすめします。

ムダ毛の自己処理種類その4.―光を当てる(家庭用脱毛器)

最後に紹介するのが「光を当てる」脱毛方法です。脱毛サロンと同じように家庭用脱毛器でムダ毛部分に光を当てる脱毛方法になります。

家庭用脱毛器の一番人気はケノンです。

>>>ケノンを公式サイトでチェック

家庭用脱毛器のメリットは、家にいながら脱毛サロン並の脱毛をできるところです。

デメリットは脱毛器自体がお値段が高い(2019年2月現在公式サイトで割引適応で69,800円)という点です。ただ、この値段だと十分脱毛サロンに通えますし、むしろ部位によっては脱毛サロンの方が安いです。

その割に、背中など手が届かない箇所に脱毛をするのが難しい、脱毛サロンの脱毛に比べると効果が出にくいというデメリットがあります。

脱毛サロン、クリニックで唯一オススメされる自己処理方法 - 「フェリエの顔用シェーバー」で剃る

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、唯一オススメを受ける自己処理方法がこの「フェリエの顔用シェーバー」で剃る方法です。

脱毛サロンに通い始めてもシェービングは自分で行わないといけないところがほぼ100%。脱毛の予約をした前日までに自分で可能な限り自己処理でムダ毛を短くしておく必要があります。なので、脱毛サロンやクリニックに通い始めてからも自己処理は必須なんですよね。

脱毛サロンで無料カウンセリングを受けられたことがある方ならスタッフから「フェリエの顔用シェーバー」をオススメされたことがあるかと思います。

フェリエは顔用のシェーバーですが、こちらで全身を剃るようスタッフさんからはアドバイスがあります。顔用のシェーバーなので肌への負担も最小限に抑えられるからです。

刃先がスィングするタイプは肌に密着し剃り残しが少なく刃が誤って横に動いても皮膚が切れず肌に優しくおすすめです。

しかし、刃先がスイングしないタイプでも全身問題なく剃れます(管理人はスイングしないタイプを使っています)

脱毛サロンにまだ通っていない方も、肌への負担が少なく黒ずみになりにくいことからフェリエの顔用電動のシェーバーはとてもオススメです。

まとめ

いかがでしたか。自己処理脱毛を種類が豊富です。何れの方法もメリット、デメリットがあります。

ご自身の肌の状況にあわせて使い分けてお試しすることをおすすめします。

今年の夏こそムダ毛、剃り残しのない清潔美人を目指しましょう。

-自己処理

Copyright© 脱毛パーラー , 2019 All Rights Reserved.