医療脱毛 脱毛サロン

エステ脱毛と医療脱毛の違いを徹底比較!永久脱毛するならどっちがいい?脱毛効果は?

更新日:

「エステ脱毛と医療脱毛って何が違うの?どっちがいいの?」

「永久脱毛するならどっち?」

「光脱毛とレーザー脱毛ってどう違うの?」

こんにちは。脱毛パーラー編集部、大阪在住のmimiです。

脱毛には、エステ脱毛と医療脱毛の2種類がありますが、この二つの脱毛方法の違いをご存知ですか?

実際私は、医療脱毛もエステ脱毛もどちらも経験しています。そんな私の目線で、光脱毛とレーザー脱毛、それぞれの特徴やおすすめの人を徹底比較しました。また、永久脱毛についても触れています。

脱毛サロンと医療脱毛どちらがいいのか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

エステ脱毛と医療脱毛の違いは?

エステ脱毛の施術と、医療脱毛の施術では、その内容に細かい違いがあります。

エステ脱毛(光脱毛)の特徴

まず、脱毛サロンで行われているのは「光脱毛」というタイプの脱毛です。光脱毛はフラッシュを照射することで毛穴を焼き、体毛の再生を抑えます。エステは医療機関ではないので、毛根を破壊する強い光を当てることはできません。

一方で医療脱毛の施術は「レーザー脱毛」という種類の脱毛です。フラッシュを照射する点では光脱毛と共通していますが、レーザー脱毛の場合は照射の威力が光脱毛より強めです。

毛根を破壊して毛が生えてこないようにするため、エステ脱毛よりも高い脱毛効果が期待できます。しかし、その分強い痛みも伴います。

また、医療脱毛は医療機関でのみできる脱毛方法です。

レーザー脱毛を受ける場合は、美容クリニックといった医療機関でしか受けることができません。

永久脱毛できるのは医療脱毛(レーザー脱毛)のみ

一般的に言われている永久脱毛ができるのは、医療脱毛、レーザー脱毛の方です。

もしかして、脱毛サロンや美容脱毛を受ければ永久脱毛できる!と思われていませんか?実は、エステ脱毛では永久脱毛はできません。脱毛が完了してもまた毛が生えてくる可能性があります。

なので、エステ脱毛で脱毛する場合は脱毛し放題、通い放題コースがある脱毛サロンを契約しておくことをおすすめします。

まれに脱毛サロンや美容エステで「レーザー脱毛が受けられる」と謳っている店舗を見かけますが、医療従事者でないエステティシャンがレーザー脱毛を行う行為は違法です。

それ以前にその脱毛の機械はレーザーではなく、光脱毛の機械である可能性が高いでしょう。過剰広告と言えるので、ご注意ください。

逆に、クリニックで受けることができる医療脱毛の場合は、レーザーで毛根を破壊していくので、脱毛完了後も毛が生えてくる可能性が少ないのもメリットです。

しかし、二度と毛が生えてこないわけではありませんのでこちらもご注意ください。

えっ、永久脱毛って二度と毛が生えてこないんじゃないの?と不思議に思われている方は、永久脱毛について詳しく記事にしているので、こちらも読んでみてくださいね。

光脱毛とレーザー脱毛の比較

光脱毛もレーザー脱毛も、毛根にアプローチして毛の再生を抑えるための施術ではありますが、脱毛効果には差が生じます。

レーザー脱毛は永久脱毛できる

上記でもご説明した通り、永久脱毛の効果が期待できるのはレーザー脱毛です。フラッシュの照射威力が強いため、光脱毛以上の脱毛効果が期待できます。

完全に体毛が生えないようにしてほしいという場合はレーザー脱毛を受けるのがふさわしいです。施術時は麻酔クリームを塗布しますが、肌への刺激が強い施術のため後でヒリヒリした痛みをともなうことがあります。

光脱毛は痛みがほとんどない

一方、光脱毛はレーザー脱毛より刺激も弱めで、子どもでも脱毛できます。ディオーネなど、脱毛サロンによっては小学生未満の子どもの施術を歓迎しているところもありますよ。

脱毛効果に関しては、毛が生えてこなくなることは期待されますが、脱毛完了後、月日が経過すると毛根が再生し体毛が生えてくる可能性もあります。

敏感肌なんだけどレーザー脱毛は受けられない?

光脱毛の方が肌への刺激が弱いので、敏感肌の人にも選ばれやすいです。

しかし敏感肌だからといって、医療脱毛であるレーザー脱毛の適性がないわけではありません。実際敏感肌の人も受け入れているクリニックはあります。

また医療脱毛はアフターケアが充実している傾向にあるため、敏感肌の人でも安心して脱毛することが可能です。医療脱毛を受けられるのは敏感肌でない人だけと認識する人がいますが、それは誤解です。

エステ脱毛と医療脱毛、料金で選ぶならどっち?

脱毛サロンで行われる光脱毛より、クリニックで行われるレーザー脱毛の方が施術を受ける回数は少ない傾向があります。具体的には光脱毛の施術回数が7~15回、レーザー脱毛が5~6回程度で終了します。

脱毛する部位よって回数に幅がありますが、どの部位でもレーザー脱毛の方が施術が少なくて済みます。施術料金に関しては、レーザー脱毛より光脱毛の方が安価です。

両者を比較すると光脱毛は施術回数が多く料金が安い、レーザー脱毛は施術回数が少なく料金が高めということになります。また、施術回数の多い光脱毛は脱毛サロンに通う回数も多くなるということになります。交通費での出費もともなうため、自宅や職場からできるだけ近いサロンを選ぶのが好ましいです。学生や社会人であれば、自分のスケジュールを確かめながら施術を受けるペースを検討するのも大切です。

エステ脱毛(光脱毛)はこんな人におすすめ

以上ふまえ、エステ脱毛のメリットとデメリットは以下のとおりです。

エステ脱毛がおすすめな人

痛みが少ない(Vラインなどの毛が濃いところ以外はほぼ無痛、Vラインも少し痛いかな?という程度)
料金がリーズナブル(ミュゼなど安いキャンペーンをやっているところも多く、脇なら500円以下で脱毛できるところもあり

エステ脱毛がおすすめではない人

十分な脱毛の効果を得るまでに時間がかかる
脱毛完了後もまた毛が生えてくる可能性もある

医療脱毛(レーザー脱毛)はこんな人におすすめ

逆に医療脱毛で受けることができるレーザー脱毛のメリットデメリットは以下のとおりです。

医療脱毛がおすすめな人

脱毛の効果を早く感じることができる
脱毛完了後、毛が生えてくる可能性が低い

医療脱毛がおすすめではない人

脱毛時の痛みが強い料金が脱毛サロンよりも高め

エステ脱毛と医療脱毛の併用もOK

光脱毛とレーザー脱毛どちらか迷った場合は両方受けるというのもオススメです。

実際、医療脱毛で全身脱毛をすると出費が気になるので、部位によって、光脱毛とレーザー脱毛、どちらも契約する人もいます。

例えば腕や背中は光脱毛、脚とわきはレーザー脱毛といったように部位で使い分けるパターンがあげられます。ほかには、最初のうちは脱毛サロンで料金の安い光脱毛を受けていき、体毛の量が少なくなってきたらクリニックでレーザー脱毛を受けるというやり方もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

管理人的には、「痛みに弱い」「効果がすぐに出なくても大丈夫」という方には脱毛サロン、「痛みに強い」「少しでも早く効果を実感したい」という方には医療脱毛がよいと思います。

どちらも無料カウンセリングを受けることができるので、契約する前に無料カウンセリングを受けてみてくださいね。

-医療脱毛, 脱毛サロン

Copyright© 脱毛パーラー , 2019 All Rights Reserved.